ここに届くジュースがまだ到着しない

へやがさつばつとしてきたぞ

おばあちゃんのセリフが胸にしみました。

読了までの目安時間:約 3分

今回、生後11か月の小児という汽車に乗っていたときのことです。通りがけ駅舎でイベントが空いたので腰掛けるって、小児が横に座っていた見知らぬおばあちゃんにゲンコツを伸ばし始めました。「すまん」ってわたしが詫びるという、おばあちゃんは「なあに?ようこそ」と小児に笑顔で答えてくれました。
小児は嬉しかったようでにこにこ微笑み、おばあちゃんに触れようとしました。これを見ておばあちゃんはわたしに「女の子は喜びね、これ程宜しい方がいるなんて」と言ってくれました。その単語が甚だ胸にしみました。又もや振り返ると、わたしは小児がいる結果ほんとに幸せなんだと痛感しました。日頃は明々白々過ぎて気が付きませんが、小児という暮らす日々のありがたさをさらに感じたいと思いました。
WBC第二次予選のオランダ戦で、ワンポイントをを先導され重たいなか中田翔の立て直しスリーランで勝ち越し、事後中継ぎ投手らのマジなリリーフにより、危ない時をあったが、逃げ無くなるかなと思いましたが、さすがにオランダ9回に6対6って追いつかれ、引き伸ばし戦へって11回からはタイブレークで走者1塁2塁から、鈴木誠也の送りバントで3塁2塁ってし、バットが振れるようになってきたという話していたペースが尻上がりな、中田翔がもう一度2箇条タイムリーを打ち8対6といった勝ち越し、11回は2イニングめで(WBCの遊戯では箇条を与えていない監督の信頼が厚い)牧田和久投手が命中を打たれ走者を進められたが、辛くも逃げきり勝った。
・テレビで見学していたが、菊池涼介アスリートの中間へ抜けようかなと思われたゴロを横っ飛びで確保して、体制が崩れたとおり坂本勇人アスリートへのトスで圏外
頼もしいスーパープレイでした。競争ターゲットのオランダのアンドレルトン・シモンズアスリート(主力最高のショート破棄と言われている)がしかたを叩いて拍手していました。これぞ覇者と思いました。
・厳しい遊戯が貫くと思われるが、WBC杯奪還へ侍ジャパンガンバレ

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed