ここに届くジュースがまだ到着しない

へやがさつばつとしてきたぞ

賃金を絞られてつらい思いをする

読了までの目安時間:約 2分

サラリーの失効するのは基本二年間とされています。直近で請求する思いがなくても万が一の場合に備えて早い段階から勤務時間の記録をとっておいた方が良いでしょう。次に見るのは給与の割増です。

22時以降に働いたときや1日8時間以上の労働時の時間外の労働に関してはあるレベル以上の割増をするように法律にあるのです。

だから、「23.5時間勤務した場合の給料ですので13500円のみの払う」というのは残業代や深夜割り増しの不払いとなります。

給与をしっかりと出さないのは違法です。

払っていても少なすぎると違法です。会社は、ちゃんと契約にのっとった給料を支払わなければいけませんし、その契約の中身は決まり事を守っている必要があります。給与は、働いた時間に応じて支払うことが義務づけられています。

ちなみにですが、時間は一分単位で計算することになっていますので、15分単位でしか残業時間をカウントされない会社はその時点で法を犯していることになります。ですが、固定残業代の場合にめんどくさいのは、「本当の契約はいくらか」というポイントが見分けにくい事です。言うまでもなく、基本給が高い方が残業代もそれに見合って高くなるので、会社は基本給が低い方が良いと考えるはずです。

生活が保証される仕事はもはない?

読了までの目安時間:約 2分

ブラック企業として「ベンチャービジネス」という事があります。
なので、伝統的な経営をしている中小企業はブラックではないのです。
確かに、新興企業は求人のスピードを超える速さで伸びているために、ブラック労働を強いてしまいがちです。また、良い保障で給料が満足できるものならブラックではないのかという疑問もあります。ですが、優遇されても一生働きづめでは全然意味はありません。そんなのでは保障がいくらあっても価値のあるものではありません。そのようないきさつもあって、労働者も「モーレツ社員」という立ち位置で、プライベートな時間を奪われることを厭わず仕事にプライオリティを置けていました。

「この会社についていけば、一生生活が保障される」と認識していたので、休みがなくても耐えられたのです。

本当なら、会社側が「御恩」としてしっかりとした保障を約束していました。

そのために働き手も「奉公」としてプライベートを侵食されることに耐え忍んできました。とはいえ、現在のブラック企業は冥利なしで長時間労働をさせているのです。ですが、この主従関係は景気が悪くなり登場したブラック企業には存在しません。
成績と無関係に首にするのも普通です。

そもそも、長期間雇うことなど頭にないように思います。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー