ここに届くジュースがまだ到着しない

へやがさつばつとしてきたぞ

今日のくだものは何のシステム?

読了までの目安時間:約 2分

自力乳児はただ今2歳。思う存分食べて人一倍遊んで元気に成長しています。談話も上手になって、鉄道や車種が大好きで、積み木で色んな形態を作って遊ぶのが大好きです。ご飯もしょっちゅう残さず食べて、私も連日づくりがいがあります。Lunchは本当にフルーツをつけていて、食べやすいみたい狭く切っていました。そうなると乳児がりんごを手にとって「これは、しんかんせん!」と大喜び。長くて端が細長くて、正しく新幹線みたいな形態を通じてます。ある日は梨を常に細長く切ったら「これは、おつきさま!」新月というお月々さまに見えたようです。そういうお子さんの暖かいアングルが大好きで、今日のフルーツをどうして切ろうか、私の楽しみとなっています。
本格的に冬場動きのピークの出番として、人形スケートの本番が楽しみです。近年、男女ともに本番でのジャンプのハードルが上がっています。
今ではもう女のトリプルアクセルや、男の子の4周期ジャンプも珍しくありません。ジュニアの選手ももう本番で成功させて要るような状態です。
何より男の子は、留まる4周期のジャンプはアクセルジャンプだけというような状況です。6シリーズのジャンプが4周期になる太陽が来るかもしれないだ。
そんな中、中国の選手の4周期ルッツ、宇野選手の4回展フィリップは、歴史的な快挙と言えると思います。そうして羽生選手が、4周期チェーンを今度の本番で形成に組み込んでくる。そうなると、駄目失敗関与ができたら、またさらなる高得点に関してになるでしょう。今シーズンは、平昌5輪も間近いピークですので、いかなる関与を見せてもらえるのか、非常に楽しみです。

おめでた中に見た恐怖の目論見。

読了までの目安時間:約 2分

妊娠4ヶ月で、まだつわりで実情が悪かった時代だ。
常に亭主という倍ベッドで寝ていました。身は安眠が浅く、連日お願いを2、3顔ぶれぐらい見るのですが、その時はお腹のベビーを他人に紹介しているお願いでした。紹介しているという突如見知らぬオジンが私のお腹を枕として寝転がりました。根深いし実情も悪いので、「きつい…やめて…やめてっていってるでしょ!!!」と大声で叫びました。それがどうも実態で意見として出ていたらしく、亭主が飛び起きて起こしてくれました。
寝言を言ったのは生涯ようやくで、感嘆のと怖かったのとで涙が止まらず、落ち着くまでちょっと年月がかかりました。
亭主の歩きがお腹の上に乗っかっていたのか。それをベビーが教えてくれたのか。ずいぶん不思議な事実をしました。その後、亭主はシングルの布団を同士使用して、なるべくお腹に触れられないようにしています。
以前、名古屋をめぐって来ました。
朝食を採り入れるスポットを探していたのですが、結構見つからず、
最終的に駅前におけるコメダ珈琲に入ることにしました。
何を食べようか考えたところ、思い切って小豆トーストにチャレンジしてみることにしました。
トーストって出先で食べるによって、家で食べたほうが美味しいし、あんまり小豆は好きではないので、今まで自分から進んで食べようは思わなかったのですが、
食べると美味しいと思いました。
旅行に行くといった、色んな土産が出来るのと同時に、献立に対しても土産が詰まっていきます。
また名古屋に行くことがあれば、コメダ珈琲に行くことがあれば小豆トーストを食べてみたいと思いました。

少ない図書を書いてみよう

読了までの目安時間:約 2分

普段の自分から離れて、読物の業界に浸って見る。読物をよむのもいいですが、自分で書いてみるのも非日常チックでおもしろい出来事になります。
読物の問題や登場するものは、すぐさま思いついたものにしましょう。読物に出るのは性分に限りません。たとえば、歩いているときに見かけた猫や、通常用いるバッグもいいですね。こういう自分以外のもののターゲットになって業界を見て、簡単な郵便に行なう。
では長さや言明といった郵便のデキを考えず、思ったままに書いてみましょう。途中で思いつかなくなったら、閃くまで別のことをして、思いついたときに書けばいいのです。気ままに書いていると、内面の業界が広がって、毎日が少し面白くなります。ペーパーといったボールペンさえあればどこでも行える新しいホビーで、業界を広げてみませんか。
邦人が異国旅行をすると窮するのがお手洗いだ。日本国内では、長時間の退職があったりすると、どこかで小休憩してパブリック便所に行けます。ただし、海外には、日本ほどパブリック便所はないだ。海外に住む外人の方もパブリック便所の少なさの中で育ってますから、膀胱も大きくて長期間もお手洗いに行かなくても適切ボディになっています。異国周遊に参加したものの、バスでの移動中にお手洗いに行きたいけれども、次の小憩まで瞬間があり、焦ったという邦人は結構多いです。日本では普通のことが海外ではそうでないことが多いです。お手洗いに行きたくても、パブリック便所の枚数も安いし、いくチャンスもなかなかないわけです。

散策減量に関して

読了までの目安時間:約 3分

前日、今日といった一年中40取り分ぐらいずつ散歩を行いました。出先を歩くと心機一転もでき、また頑張っていこうというハートが芽生えます。マンションの近くの公園を歩いていたのですが、コスモスや姓名の知らない可愛らしい花なども見ることができて、内的も癒されました。その公園は、池の前に椅子がいくつもあり、一周歩いてそこでブレークタイムをし、そして今や一周歩き回りました。お天道様の日射しに当たるってビタミンDが生まれるということで、出先での散歩はダイエット以外にも健康にも大変良いのではないかと思います。これからも空いた時間を見つけて面白く散歩を通していきたいと思います。
ぼくは就寝前にとことんソーシャルネットワーキングサービスをチェックするのですが、多少頭の中にこびりついて離れないようなフィルムを見つけてしまいました。それは「デブトラマン」だ。ソーシャルネットワーキングサービスに出稿されていたフィルムはどう見ても太り過ぎなウルトラマン。飛びだした腹によって、ほっぺのたるみが気になったのですが、ウルトラマンどうしたの?といった問い掛けたく繋がるようなルックスでした。ウルトラマンに何が起きたのでしょうか。亭主から内情を教えて欲しいとしていた部位、出稿ヒトによれば二度ともう廃棄したとの事。なるほど諦めるなんて、勿体なくてたまりませんでした。このままどこかで出店もしてくれたなら、ウルトラマンは再び名物が急増したかもしれないのに。規則の主人公は別途スマートでなくても良いと思いました。かえって太っているほうが茶目っ気があって綺麗かもしれません。長くディスプレイに登場させてくれなくて葛藤が溜まった暴食気味のウルトラマンも、中高年を迎えたウルトラマンも、どういう下ごしらえも良いからルックスを残しておいて欲しかっただ。寝る前に面白した為か、その日はどうにも寝付けませんでした。デブトラマン、少しは私の頭の中に住み続けそうです。

買い物に失敗しました。

読了までの目安時間:約 2分

ベッドのマットレスがへたってきたので、新しいものをネットで注文しました。前回、柔らかめのものを使用していたので、今回は固めのものを注文しました。
注文してから数日で、固めのマットレスが届きました。ただし、寝てみると固すぎて、背中や腰が痛くなりました。そのため、一年中寝ただけでお蔵入りになりました。処分するのにも費用が必要なので、古物商に見積りのメイルを送りましたが、どこも引き取ってくれませんでした。
仕方がないので、物置に置いてあります。脱ぎ捨てるのはもったいないので、今貰い手を探している。
此度、抱腹絶倒欲を見たんです。
夢の中でボクは生徒で、周囲だと思っていた子供の違反行為を知ってしまいました。
それを知らせしようとしたのがバレて、その周囲に殺されみたいになり、追っ掛け回されるという欲だ。
結果として、殺される前に警察官が来てくれたというところで目線が覚めたのですが、些か不思議に思うのは、こういう「周囲」が、現実には存在しないキャラだったということです。
夢の中でのネットワークとして、現実にいないキャラが出てくることはよくあるというのですが、でも夢の中ではちゃんと単独の人間として活動してある。
欲は人間のキャリア集成であると聞いたことがありますが、それならこういう「存在しないキャラ」の記憶はどこで作られて、どこから起きるんだろうな?という。
そんなことを寝起きの心中でのほほんと考えていました。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー